設立でのプレスリリースの考え方

会社設立でのプレスリリースの考え方


プレスリリースとは、報道機関向けに告知する手段です。報道機関が興味を持つほどの企業や、あるいは話題性のあるものであれば告知することには意味があります。たとえば、大手企業が子会社設立をした場合に、その会社についての詳細を航海する目的で用いられることもあります。小規模な会社を設立した場合には、おそらく報道機関は興味を示さないでしょう。それでも、インターネットを用いればいろいろな情報を公開できますから、宣伝広告という意味を持ちます。

プレスリリースの目的は、いろいろな情報を他のメディアに取り上げてもらうことだと考えればわかりやすいです。インターネットで公開している時点で情報は提供できますが、その内容をニュースサイトや情報サイトに掲載してもらうことができれば、情報はさらに広まるでしょう。ただ単にインターネットで宣伝広告をするのではなくて、ニュースサイトや情報サイトに掲載してもらいやすくすることが目的だと考えられます。

もちろんですが、取り上げられる可能性は高いものではありません。ですから、いつまで情報提供をしていても取り上げられず、無駄だと感じることもあるでしょう。しかし、一度取り上げられると情報は一気に広まりますから、その効果は非常に高いと考えられます。最近では情報サイトやニュースサイトが情報を充実されるために情報収集を拡大させているようですから、その波に乗れば上方の拡散効果は非常に高いと考えられます。

費用対効果で考えた場合、費用はそれほどかからないというメリットがあります。会社設立をすればインターネットを活用するのがここ最近では普通になってきています。たとえば会社設立をした後に必要となる決算公告をウェブサイト上で行うのは、ごく当たり前のこととなりつつあります。そのウェブサイト上に、プレスリリース用のページを作成して、何かあるごとに情報を提供していくだけで良いのですから、新たに必要となる費用はそれほど多くはありません。

会社設立をして間もないときには、広告宣伝費にあまりお金をかけられないこともあります。会社設立には多くのお金がかかりますから、仕方のないことです。プレスリリースを行い、そしてそれを記事として取り上げてもらうことができれば広告効果は非常に高いですし、自社で宣伝をするよりも第三者が発信することで、情報に対する信用度も高くなりますから、お金をかけるよりも効果は高いです。”